行事活動報告

雲衲報恩接心報告(4) (2016.03.06) 

雲衲報恩接心報告(4)


臨済禅師・白隠禅師の遠諱を記念し、去る3月3日~9日まで、全国の僧堂の雲水(修行僧)が約230人参集し、東福寺大禅堂(選仏場)において報恩接心を行ないました。

一日ごとの様子をご紹介して参ります。

(1) 3月3日    補佐員(役員)到着・会議
(2) 3月4日    僧堂先駆到着・接心衆評
(3) 3月5日    僧堂老大師・雲衲到着・安単・総茶礼
(4) 3月6日    接心開講(下記をご覧ください。)
(5) 3月7日    接心・連鉢
(6) 3月8日    接心講了
(7) 3月9日    分散・近隣僧堂のみ法要加担


3月6日

160306-1.jpg夜も明けぬまだ暗いうち、4時開静(かいじょう・起床)です。

160306-2.jpg朝課(朝のお勤め、読経)の為、雲水たちは法堂へ移動です。

160306-3.jpg東福僧堂・原田融道老師を導師に、雲水約230人で読むお経が荘厳に響き渡ります。

こうしている間に、朝の参禅を受けていただける老師方が次々ご到着。さらに、飯台看(給仕役)の担当雲水たちは、粥座(朝食)の準備を進めています。
朝課後、梅湯茶礼を行ない、再び止静(坐禅)。

160306-4.jpg5時半。第一回目となる参禅が始まります。自身が参禅したい老師の看板の後ろに一列に並び、それぞれの喚鐘場(参禅する部屋)へと赴きます。通常は走り喚鐘といい、一目散にめざす老師の喚鐘場へ走るのですが、今回は不慮の事故や混乱を避けるために、このような方法を採りました。

160306-5.jpg10ヶ所の喚鐘場が設けられています。詳細は下記のとおり。
○妙心僧堂・岫雲軒 雪丸令敏老師
○円福僧堂・龍潜窟 政道徳門老師
○海清僧堂・蒼龍窟 加藤月叟老師
○祥福僧堂・曠然室 木村太邦老師
○万寿僧堂・閒関窟 佐々木道一老師
○建長僧堂・柏林室 酒井泰玄老師
○東福僧堂・幽松軒 原田融道老師
○崇福僧堂・坐雲軒 岩月海洞老師
○天龍僧堂・撥松軒 佐々木容道老師
○建仁僧堂・小堀泰巌老師

参禅から戻るとまた坐禅の時間が続きました。

160306-6.jpg5時半。粥座(朝食)の時間です。内容はお粥に沢庵、梅干しです。

160306-7.jpg漸く陽も昇って来ました。この後は11時の斎座(昼食)まで止静(坐禅)。

160306-8.jpg

斎座後は、13時からの提唱まで随意坐(各々が自由に坐禅する時間)です。

160306-9.jpg160306-11.jpg13時より龍澤僧堂・後藤栄山老師による提唱。『臨済録』上堂の「王常侍が説法を請う」の則の冒頭を提唱されました。各僧堂の老師方も雲水と共に拝聴されました。

160306-12.jpg

その後15時からこの日2度目となる参禅です。喚鐘場は10ヶ所。詳細は下記です。
○平林僧堂・江楓室 松竹寛山老師
○瑞泉僧堂・玄々庵 小倉宗俊老師
○正眼僧堂・霧隠軒 山川宗玄老師
○円福僧堂・龍潜窟 政道徳門老師
○南禅僧堂・清光軒 日下元精老師
○虎渓僧堂・萬仭軒 田中義峰老師
○建長僧堂・柏林室 酒井泰玄老師
○東福僧堂・幽松軒 原田融道老師
○崇福僧堂・坐雲軒 岩月海洞老師
○相国僧堂・韜光室 小林玄徳老師

160306-13.jpg16時半。薬石(夕飯)です。坐禅、食事、参禅、提唱などが淡々とこなされてゆきます。

この後は、18時半より始まる夜の参禅(総参)までまた坐禅の時間です。

160306-14.jpg総参は5ヶ所。詳細は下記のとおりです。

○臨済僧堂・無底窟 阿部宗徹老師
○正眼僧堂・霧隠軒 山川宗玄老師
○円通僧堂・臥龍窟 長谷川大道老師
○円覚僧堂・青松軒 横田南嶺老師
○建仁僧堂・ 小堀泰巌老師

この後、21時より茶礼後、止静(坐禅)。22時に開枕。
雲水が個々に坐る夜坐(消灯時間以後に、随時坐禅をする事)は法堂前や方丈の縁側などでなされていたようです。

つづく