禅語

フリーワード検索

アーカイブ

禅語とは

禅語とは、禅的な真理を簡潔に表現した語句を言います。比較的短いものが多く、「禅に関する名文句」と言っても良いでしょう。「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」や「平常心是道(びょうじょうしんこれどう)」など、よく知られている禅語の多くは、禅の古典や高僧の言葉から取られています。また、仏教以外の漢籍や、詩人たちの作品の一部が、新たに禅的な意味を担わされ、禅語として扱われることもあります。例えば「悠然として南山を見る」は、陶淵明の有名な詩の一節です。
さらには、日本の和歌や民謡、ことわざなどの一節も、禅語に準じて使用されることさえあるのです。「禅林世語」と呼ばれるものの多くは、こうした世俗の言葉から取られています。禅の眼を通して見れば、真理を表現した言葉は至る所にあるのかも知れません。

  • 清流無間断 碧樹不曾凋 (禅林句集) (せいりゅうかんだんなく
    へきじゅかつてしぼまず)

    2023.06.01

    view
  • 惺惺著 (無門関) (せいせいじゃく)

    2020.07.01

    view
  • 生より死にうつると心うるは、これあやまりなり (せいよりしにうつるとこころうるは、これあやまりなり)

    2015.04.01

    view
  • 心随万堺転 転処実能幽 随流認得性 無喜亦無憂 (こころはばんきょうにしたがっててんじ、てんずるところじつによくかすかなり、ながれにしたがってしょうをにんとくせば、よろこびもなくまたうれいもなし)

    2013.09.01

    view
  • 専一に己事を究明する底は、 老僧と日日相見報恩底の人なり。 (せんいつにこじをきゅうめいするていは、ろうそうとひびしょうけんほうおんていのひとなり)

    2012.10.01

    view